菅野 こさとNo12_スガノ コサト
  • - -
  • - -
  • 5月7日
  • 出身 中国遼寧省撫順市 育ち 北海道札幌市
  • ニックネーム
    こさと、すけ
  • すきな食べ物
    鳥刺しと辛すぎるもの以外
  • 趣味
    食う、寝る、遊ぶ(商店街巡り、散歩)
Commentみんなへの一言
おいしいものと眼鏡が大好き、菅野こさとです!
Story菅野 こさとさんのストーリー
戦後のお話と、生後3か月のとき
第二次世界大戦後 母方の祖母が中国に置いて行かれる。
そして、1990年。誕生。生後3ヶ月で歯が生える。  
唐詩を…?
唐詩を何曲も暗唱できるようになる。  
来日!
中国から日本(札幌)へ
言葉のギャップにぶつかる
日本語がしゃべれず保育園では、人を噛んで意思疎通を図ろうとし問題に。
徐々に日本語を覚える。
おばあちゃんのお手伝い
おばあちゃんの通院へ通訳として付き添い。 
唐詩をきれいさっぱり忘れる。
初恋とまさかの怪我
船越英一郎さんに初恋。  
鉄棒から落下、唇を縫う。
怪我と中国への留学
遊具から落下、唇を8針縫う。  
中国へ一年間留学。  
中学時代の部活
和太鼓部に入部
高校時代の部活
演劇部に入部
まさかのハプニング!?
高校卒業後、国籍が中国のままの為中国の大学へ入学できず浪人。  
大学に入るまでの間に…
18才~20才まで、国籍を変える間実家の中華屋の店長として日々働く。   
夢にむかって
通訳になる夢をかなえるため北京師範大学へ飛び級で入学。  
ハプニングの連続
21歳の誕生日に部屋の電球が爆発。  
後日、寮のエレベーターに閉じ込められる。  
まさかの事態が判明
通訳の授業が受けられないことが判明する。  
荒れて夜遊びにふける。  
ついに
クラブ通いが止まらない。
無事に
何とか大学卒業&完全帰国 
大阪へ、そして…!
親に大学院へ行くよう言われ、とりあえず大阪へ。    
それから学校には行かず働きながら芝居を再び始める。